葬儀に必要なもの

平均的な費用について

棺を運ぶ

葬儀には、様々な棺や祭壇等様々なものが必要になります。また、会場使用料は広いほど高くなるのが一般的で、人数に応じて広さを決めます。同様に、香典返しも人数に応じて総額が変わってきます。地域差もありますが、平均に見ると、130〜150万円程度が多いようです。 また、日本では宗教心の薄い方が多いと言われますが、先祖から受け継いだお墓を持つ家庭は多いものです。中でも仏教による葬儀が最も多く、宗教者に支払う費用も用意が必要です。この費用が想定したものより高額だとおっしゃる方が多く、平均で見ても50万円程度かかることがあります。

近年に見られる特徴について

平均的な葬儀費用に関しては先述しましたが、こうした費用は全体的に下落傾向にあるのが近年の大きな特徴です。その要因のひとつは、核家族化が一般化していて、さらに人付き合いが以前に比べ薄くなっていることで、参列者の人数が減っていることが挙げられます。また、費用に関する要望が増えていることも、費用縮小の大きな要因です。遺族のニーズを受けて、葬儀社間の価格競争も進んでいます。そのため、しっかりと葬儀会社を探せば、費用を抑えたままで十分な葬儀を行うことが出来るでしょう。 また、菩提寺やお墓を持たない方々では、菩提寺にこだわらず、葬儀社の提携する寺院に依頼する方も増えています。お布施としてお金を用意するよりも料金体系が明確であることも人気の理由です。